プレゼンテーションコンサルティング

楽しいから習得が速く深い!

 上達がはっきり実感できる!

  苦手意識が楽しみに変わる!



あなたはどんなプレゼンターになりたいですか?

無難に役目を終えられるプレゼンター?
スマートでスタイリッシュなプレゼンター?
聴き手を引き込む魅力的なプレゼンター?

ところで。
プレゼンが上手な人。
それはどんな人ですか?

と同時に。
世の中、上手いプレゼンター、魅力的なプレゼンター
と言われるような人たちはどうでしょうか?

スティーブ・ジョブズ?
TEDで話題になった植松さん?
小泉純一郎元首相?
バラク・オバマ元大統領?
タモリさん?
などなど。

でも、一般的に言う"上手なプレゼン"の条件に当てはまる人、
実はいないと思いませんか?
ただ、彼らは自分のどの部分が
一番の武器であるか知っているのです。

中でもよく名前の挙がるスティーブ・ジョブズの話し方は、
決して笑顔でハキハキ身振り手振り云々…という感じではありませんよね。
でもスタンフォード大学でのスピーチは今でも伝説です。
手元の台本を見ながらであるにもかかわらず。
あのスピーチは、シナリオ構成の美しさ、
そしてジョブズの人生が乗っているから聴き手の心に響くのですね。
かといって、他の人がそれを真似ても伝説にはなりません。
あなたにはあなたに合ったやり方があります。

あなたは自分の何を武器にしますか?

あなたらしい魅力あるプレゼンターになる。
そのためには、ただ単にロジックを学ぶだけでは足りません。
自分では気付かないようなあなたの武器を見抜き、
まだ発揮されていない力を引き出し、
共に磨いてゆけるコーチがいれば、
あなたはいち早く魅力的なプレゼンターになることが
できるでしょう。

魅力的なプレゼンターになることは、
人生にさえ大いなる恩恵をもたらします。
プレゼンテーションの上達を通して、
仕事も人生も輝かしいものになるように磨いていきましょう。

自分の中の感情、情熱、アイディアをアウトプットできる、
誰かに伝えることができる、魅力溢れるやり方で。
それは聴き手にとっても素晴らしい経験になるはずです。
魅力的なプレゼンターをみんなが待っているのです。


【講師プロフィール】

結咲ふみの

プレゼンテーション・コミュニケーションスキル講師
女優・歌手・ナレーター・MC
日本CFO協会主任講師(プレゼンスキル担当)
日本経営協会講師
SMBCコンサルティング講師

【経歴】
総合音楽学校ヴォーカルパフォーマンス学科卒業。
上場企業の人事部にて教育・研修に携わり、
新人から中堅社員、マネージャー及び役員の研修を手掛ける他、
全社の教育体系の構築に携わる。その後フリーランスとなり、
声と表現に関わる仕事をメインとする。

学生時代より発声のための呼吸法を学び、
表現活動に携わってきたことと、
教育研修分野のキャリアを掛け合わせ、
プレゼンテーション及びコミュニケーションスキル講師として
業務を開始。

2010年に日本CFO協会主任講師(プレゼンスキル担当)となり、
監査法人や会計士、企業の経理財務部門などの人材を中心に研修業務に携わる。
パナソニック株式会社、カルビー株式会社、日本FP協会、
官公庁や自治体(千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、青森県、福島県など)
その他中小企業、ロータリークラブ、
江戸川区経営ネットワーク支援事業など
幅広く講演や研修を実施。
日本経営協会東京本部ならびに関西本部とも取引を開始。
SMBCコンサルティングの講師として新入社員研修、
ビジネスセミナーなどの講座を担当。

講演・研修タイトル
『心に響く伝え方』
『今どき部下の褒め方・叱り方・伸ばし方』
『プレゼンテーションセミナー』
『ビジネスコミュニケーション研修』
『”伝える力”向上トレーニング研修』
『伝え方・聴き方実践トレーニング』
『新入社員ビジネスコミュニケーション研修』
『セルフモチベーションアップ研修』
『女性チャレンジ講座』
『女性エンパワメント講座』他多数

2013年イギリスに留学、コミュニケーションスキルをVivien Heilbron氏に師事、
さらにニューヨークの音楽学校にてボイストレーニングを学ぶ。
現在は各種企業・団体での研修やコンサルティングの他、
様々なエンターテインメント事業に携わっている。

◆◇◆◇◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇
受講者の声
◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇​​​​​​​◆◇

プレゼンへの超苦手意識が180度変わった

上司のフィードバックは『話が長い、わかりにくい』

それまで、上席への報告でも、プレゼンでも、手応えを感じたことは一度もなかった私でした。

話の内容が悪いのか。詳細はいらないというけれど、全ての要素を伝えないとつながらないと思った。

話し方の問題なのか。ハウツー本で小手先を学んでも、劇的に変わることはなかった。

そのうち、プレゼンは苦手、の意識が私の頭に住みついてしまった。

その私を、ふみの先生との出会いが180度変えた。

なんでもいい、何かを変えたい。今の自分を変えたい。

姉の紹介だった。姉の成功体験を聞いて、とりあえず一回くらいは専門家の話を聞いてみようと、重い足を一歩前に踏み出した。

一回目から、衝撃的だった。

『プレゼンは他人への影響力の行使だ』

そんな風に教えてくれた人はいなかった。

プレゼンはライブみたいなもんなんだ!

ぶつけてみたい、そう思った瞬間から、ワクワクした。

プレゼンの中身から話し方から全部指導してもらった。格段にブラッシュアップされて仕上がっていくのが自分でもわかった。だから、プレゼンの出来は、本番前に明らかだった。

本番は安心していた。オーディエンスの反応は想像以上に良かった。そしてなんと上席から『プレゼンうまいねぇ』の一声。確かな手応えを感じた。

苦手だったプレゼンで大成功したことで、何かが大きく開けた気がした。

それは確かな自信となって、今でも私を支えてくれている。

今の私は、履歴書にだって『プレゼンが得意』とかけてしまうだろう。